メインイメージ画像

保育士の求人は引く手あまたですが大変なことも多いです

少子化と叫ばれていますが、日本各地で認可が下りている保育所、それに伴う保育士の不足が問題となっています。自治体によっては待機児童ゼロの実現を掲げ、体制を整えようとしていますが、それを実現させることは簡単なことではありません。少子化が進む傾向とは反比例して所得が減り、共働きの必要が高く、加えて3世帯同居という文化がなくなりつつあることも、大きな誘因の一つとなっています。

自治体が先導し認可保育所の優遇措置を取り、設立を促すことは法制上、条例などで整備することが可能です。その一方、そこで働くことになる保育士の確保となると、セットで行うことには相当困難が生じます。

保育士に関する求人は今のところ、売り手市場といえるでしょう。もともと拘束される時間が長いこと、労働内容のきつさと比較して、所得が少ないことも原因の一つとして挙げられています。けれども、実際には保育士になりたいという若者、子供が成長したことで、働きたいと考えている女性などは潜在的に多いのです。

通常の求人だけではなく、サイトでもweb応募で保育士の求人を見ることがあります。一般的には給与は、決して高いものではないかもしれません。

昇給の仕組みやステップアップがもっと明確になっていないとダメです。単に保育という仕事に夢や生きがいを持って仕事を継続していくことは、そうそう容易なものではありません。

もちろん、他の仕事にしても同じことだと考えられます。しかし、保育士という職業上、生き生きとした子供を相手にすることがある時は喜びもあるのですが、逆に必要以上に負担を感じる場合も間違いなくあります。

また、そこに親という存在がプレッシャーとして重くのしかかってくるわけです。やりがい、夢という面での仕事へのプラス面と給与や待遇、プレッシャーという負の面があります。これらのどちらも加味しても、若い人材がなお、より長く働くことが出来る職場環境です。女性の社会進出にも、これらの取り組みを通して保育所の環境整備が必要です。